就活ひろば

就活って誰がするの?

就活というのは、主に企業に所属をして正社員として働きたい人がするものです。自営業をやっていきたいという人は、普通は就職活動をする必要はありません。ライターやイラストレーター、ミュージシャンなどを目指すのであれば、就活という行為とは無縁でいられます。アルバイトや派遣社員として働いていきたいという場合にも、就職活動はほとんどしなくてもいいです。
ですから、就職活動といえば基本的には大学生がするものとなります。いまの時代には大学を卒業してからも数年間は新卒扱いになったりするケースもありますが、多くは大学にまだ在籍しているという人がするものなのです。早い人なら、大学二年あたりのときからすでに活動を始めているものです。
就職というのは、非常に狭い門戸をくぐり抜けなければならないもので、受験戦争よりも競争は激しいと言われています。しっかりと競争に勝つだけのスキルや実績を積み重ねていく必要があるのです。そのためには、時間はいくらあっても足りないぐらいです。資格を取得したりするのにも、かなりの時間がかかりますし、サークル活動なども選考時にきちんと考慮されますから、毎日が就職活動であるということもできるのです。